INFORMATION

新着情報

世界一臭い食べ物「シュールストレミング」

新着写真

スウェーデンの料理といえば、日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、とても有名なものが一つあります。

テレビのバラエティ番組などで、缶を開けたら強烈な臭気を発するアレです。

その缶詰の名は「シュールストレミング」です。「シュール」が「酸っぱい」の意味で、ストレミングはニシンのことです。
この「シュールストレミング」はニシンの頭とワタを取り除いたものを薄い塩水に漬け、時間をかけて発酵させたものです。
普通の缶詰は滅菌して長期保存が可能ですが、「シュールストレミング」は缶詰の状態で発酵が進んでいくため、発酵過程で発生するガスでだんだんと膨らんできます。開封の際は、ガスの圧力によって中の液が噴き出すので、屋外で開けることが推奨されています。
2014年にノルウェーで25年間ほったらかしにしてあったシュールストレミングが発見された際は、爆弾処理班と缶詰の専門家が処理にあたったとのことです。

「シュールストレミング」の臭いは「魚が腐ったような臭い」とも「生ごみを数日間放置したような臭い」とも言われ、その臭気は日本の「くさや」の6倍以上です。

2016/06/16