INFORMATION

新着情報

ボルボの「事故を未然に防ぐ」テクノロジー

日々進化していく安全性


ボルボは、新しいボルボ車での交通事故による死亡者や重傷者を
2020年までにゼロにするというビジョンを掲げています。


昨今ニュース等で痛ましい事故の報道をよく耳にします。
お客様との会話の中で「ボルボだったら、あんな事故のときどうなっていたでしょうか?」というご質問を頂く事が増えてきました。


最新のボルボ車には、IntelliSafeと呼ばれる安全技術が標準装備されています。
すべてのボルボ車に標準装備された先進安全・運転支援機能は、あらゆる車両の衝突の危険性を低減し、自動車事故による被害を軽減します。
ボルボ先進の安全装備、その一部をご紹介します。





CitySafety 衝突回避・被害軽減ブレーキシステム


自車前方の歩行者やサイクリストを識別し、衝突の危険性が生じた際にはドライバーに警告。適切な回避操作が行われなければ衝突被害軽減ブレーキを作動させます。大型動物(馬など)も検知し、必要に応じてブレーキを作動させます。CitySafety 衝突回避・被害軽減ブレーキシステム について詳しくはコチラ
ボルボ・カー山口 トップページへ





CitySafety インターセクション・サポート


交差点を右折しようとしている際に対向車の動向を監視し、対向車と衝突する危険度が高いと予測される場合は警告と共にフルブレーキを作動。交差点内での対向車との衝突被害の軽減を図ります。CitySafety インターセクション・サポート について詳しくはコチラ
ボルボ・カー山口 トップページへ





CitySafety 対向車対応機能


対向車線から自車の走行車線に進入してきた車両を検知し、衝突を回避できないと判断された場合、衝突被害軽減ブレーキを作動させ、被害を最小限に抑えます。CitySafety 対向車対応機能 について詳しくはコチラ
ボルボ・カー山口 トップページへ





LKA(レーン・キーピング・エイド)


進行方向の車線を監視し、車線を逸脱しそうになっていると判断された場合に、走行車線を保持できるようにステアリングを穏やかに自動修正します。自動修正が不十分な場合などは、警告音やステアリングホイールの振動で注意を促します。LKA(レーン・キーピング・エイド) について詳しくはコチラ
ボルボ・カー山口 トップページへ





BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション)


自車の死角を走行中、または、後方から急速に接近する車両を検知します。他車がいる車線へ進路変更しようとした場合は、警告灯を点灯/点滅でドライバーに注意を促します。BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション) について詳しくはコチラ
ボルボ・カー山口 トップページへ




これらボルボ最新のセーフティを標準装備した試乗車を、ボルボ・カー山口ではフルラインでご用意しております。


コチラ(試乗車一覧)のページをご覧いただき、ボルボセーフティをご体感ください。


試乗のご予約は、コチラ(試乗車一覧)のページからお申し込みいただけます。


 


 




記事フッター


ボルボ・カー山口地図起動
スマートフォンの方は、このままナビゲーションを開始できます。

2019/06/01

RSS FEED??http://volvocar-yamaguchi.com/info/rss.xml